見積りは取ったら終わりではありませんよ

引越をする際に引越業者に依頼すれば、最初に自宅に来てもらい、荷物がどれくらいあるのか、引っ越し先の住所はどこか、今の家や引っ越し先の環境はどうか(エレベーターの有無、階層はどこかなど)、運ぶ物に特殊な物はないかなどを確認してもらった後、引越料金の見積書を出してもらうことになると思います。

 

 

この見積書はついつい合計金額のみを確認してもらいがちですが、見積の中には様々な物が複合されて金額が出ていますので、それらをしっかりと確認しておくことが重要です。

 

 

ちゃんと確認せずに契約してしまい、後から追加料金などの思わぬトラブルに巻き込まれないようにしっかりと確認しておきましょう。

 

 

引越の見積書のチェックポイントは以下の通りです。

 

引越の日時

引越を行う上で一番間違えてはいけないところです。引越をする日にちを間違えて契約してしまったら、当日に待ちぼうけになったり、予定していなかった日にいきなり業者が来るなんて事になりかねません。契約日ぎりぎりに気がついたらキャンセル料も発生しますし、別の日にしようとしても空いていないなんてこともありますから、しっかりと引越日は確認しておきましょう。また、引越を開始する時間もしっかりと確認しておきましょう。午前・午後なんて曖昧な時間帯で覚えておくなんて事は絶対に止めましょう。引越を開始する時間を把握しておき、業者が来たら直ぐに引越に取りかかれるようにしておきましょう。

 

荷物チェックリスト

引越の際に、業者に持っていってもらうもののチェックリストです。事前に見積に来てもらった際に、荷物は確認してもらっていると思いますが、その際に業者のチェック漏れがないかの確認も大事ですが、見積の時には家に置いていなかった物が増えていることがないように気を付けましょう。ダンボール数個とかなら問題がありませんが、荷物の量が多くなったり、自転車やバイクなど大きな物が増えてしまうと、その分の追加料金が発生する可能性が高いですので気を付けましょう。家の外に置いてある物は忘れがちですので、見積書と持っていってもらう物をしっかりと照らし合わせて確認しておきましょう。

 

料金
・運賃

これは引越を行うに辺り、荷物を運んでもらう料金、いわゆる運賃のことで、引越会社が行う引越料金の基本となります。引越を行うことによって発生する料金ですので、ここを値引きすることは不可能でしょう。

・人件費

引越当日に荷物を運んだり、車を運転してくれる人など、引越に関わるスタッフにかかるお金です。これは人の数が増えれば増えるほど料金は上がりますので、必要最低限の人数を確保してもらい、あとは自分や家族・友人で行うなどすれば、人件費を削ることは可能です。

・オプション

通常の引越料金とは別に発生する金額です。これを見落としがちですので注意が必要です。業者によって内容は異なりますが、テレビやビデオなどの家電製品の接続、エアコンの取り付け、ピアノや美術品などの配送などは、通常の引越料金とは別にお金が必要となることがあります。基本料金に入っている物もあれば、なかには入っていない物もあるので、事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。特にエアコンの取り付けは基本料金に入っていると思っている人が多いのですが、取り付けには専門的な技術が必要ですので、取り付け料を取る業者は多いので注意しましょう。このオプション料金のことを黙っていて、見積が安くなったとみせかけ、後で請求するなんてとんでもない業者もありますので、事前の確認はしっかりとしておきましょう。

 

 

 

以上の様に引越の見積書には様々な物が複合されていることが分かります。引越の日時や荷物、オプションなどをしっかりと確認しておき、後から追加料金の支払い請求をされることがないように注意しましょうね。

 

 

無料見積りはコチラ